×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

五月病に効果のある入浴法

春の暖かな季節の中で、気分が憂鬱で体調もすぐれない、五月病の原因の1つが、慣れない環境での仕事などのストレスですが、そんなストレスを解消するためにお風呂でのんびりリラックスタイム、というのはどうでしょう。
浴室のあかりは落ち着くように、少し暗め、光量の調節のできるライトを使えば、好きな明るさを楽しめます。
好みのエッセンシャルオイルや入浴剤を使って、心地よい香りを楽しみましょう。
多くの種類のオイルや入浴剤が販売されていますので、その中から選ぶのも楽しみになり、オイルや入浴剤の他、みかんの皮、たんぽぽなどを入れても良いですよ。
ぬるめの38〜40℃のお湯に、みぞおちの辺りまで浸かり、20〜30分半身浴でゆっくり過ごし、上半身が寒いと感じる人は、バスタオルなどを肩にかけると良いでしょうし、防水ラジオやプレーヤーで好きな音楽を聴きながら、のんびりとお湯につかるのがお勧めです。
体が温まりますと、気持ちがよくなり、ぐっすりと眠れ、しっかり眠ることで、体の疲れも取ることができます。
また、時には温泉に出かけて広いお風呂にゆったりと浸かりましょう。
気分転換の旅は、いやなことを忘れ、環境を変えますので、ストレス解消には、うってつけです。

スポンサード リンク

五月病の症状を緩和

新入生や新入社員が春に五月病と呼ばれる症状に悩まされることがあり、環境の変化によるプレッシャーやストレスが原因と言われていますが、症状を緩和するには、心身をリラックスさせる必要があります。
・呼吸法
不安を静めるための呼吸の方法を覚えておきましょう。
いつでも誰でも行える簡単な方法です。
深く鼻からゆっくりと息を吸い、5秒間息を止め、次にゆっくりと口から息を吐き、これを繰り返すことにより気持ちが落ち着いていきます。
・適度な運動
ウォーキングなど適度な運動は、こわばった筋肉をほぐすと同時に、ストレスも取り除いてくれます。
最近ブームのヨガも効果的で、ゆっくりとした動きで心身を落ち着かせることでリラックスできます。
・ぬるめのお湯にゆっくり浸かる。
音楽をかけたり、様々な入浴剤を試してみたりして、のんびりとした時間を楽しみましょう。
・リラクゼーション音楽
波の音、オルゴールなど、いろいろな音楽が最近は紹介されていますので、自分が心地よくなる音楽を見つけて楽しむのも、良いリラックスになります。
・マッサージ
筋肉のこりを取りますと、気持ちも落ち着きます。
足裏マッサージや、クイックマッサージなどを試し、入浴後に首筋や肩、ふくらはぎなどをマッサージしてみましょう。
自分に適したリラックス方法を知っているだけでも、心が楽になります。

五月病に癒しの音楽

五月病の疲れに音楽を聴いて癒やしている人も多いことでしょう。
好きな音楽を聴きますと、ストレス解消にも良いですし、心が洗われ、癒やしの音楽は、ヒーリング・ミュージックとも言われています。
・モーツァルトやヴィヴァルディなどのクラシック音楽
モーツァルトは脳を活性化させると話題になりました。
・映画サウンド
懐かしい映画の場面を思い出しながら楽しめます。
・アイルランドや日本の童謡、子守唄
子守唄は子どもに唄っていますと、子どもだけでなく、自分の心もゆったりとした気持ちになります。
・オルゴールやピアノ、ギターなどの音色を楽しむもの
優しい音に心が休まります。
アコースティックサウンドを楽しむのも良いですね。
・自然の音
小鳥のさえずり、波の音、木々にそよぐ風の音、虫の声など。
自然のゆらぎが、人の気持ちに心地よく伝わります。
・その他
子宮内の音、というものもあります。
赤ちゃんを落ち着かせるだけでなく、大人にも安らぎを与えてくれます。
このように、様々な音楽が紹介、販売されていますし、インターネットでは自由に聴ける癒やしの音楽のサイトも数多くあります。
明るい気分になりたい、心を落ち着けたい、何も考えない時間を作りたいなど、気持ちに合わせた音楽がきっとあるはずですので、自分が心落ち着ける音楽を見つけて、ゆったりとした気持ちを取り戻し、五月病に負けず、明るく毎日を過ごしてください。

Copyright © 2008 五月病に効くリラックス方法